活動レポート

運動能力を刺激する ~サッカー選手である前にアスリートであれ~

「サッカー選手である前にアスリートであれ」

イングランドのアーセナルアカデミーで言われていた言葉です。

本日は雨ということで、ジュニア・ジュニアユースともに屋内フットサルコート「フットサーカス鈴鹿」でトレーニング

プレーの幅が広がることを目的に、様々な道具を利用して運動能力を刺激!!

色んな形のボール、バランスポール、パラシュートなど、サッカーで使える新たな動きを身につけることができました。アスリート力向上できましたかね。

ジュニアユースは、身体測定も行い成長を確認。たくさん食べて、寝て、練習して、成長期をしっかり過ごしましょう!!

サッカー環境が変わる!?

屋外の練習、試合会場ではなかなかWIFIがつなぐことができず、ライブ配信、GPS測定などの導入に頭を悩ませていましたが、とりあえず1年間無料でWIFIが外でも使えるようになりました。すでに試験的に使用していますが、快適に使えています。場所によってはつながりにくいところもあるようです。

ご興味のある方はこちらを確認してみてください。※300万人契約に達成すると1年間無料とならないそうですのでご注意ください。

各携帯会社が値下がりになっていくようなので、どうなるかは分かりませんが、とりあえず1年間は屋外のグランド上にて様々なデジタル化に向けての取り組みができそうです。

Today's English

arsenal (兵器庫)

イングランドで有名なサッカークラブ「アーセナル」の名前の由来は、兵器庫(アーセナル)で働く労働者によってチームが結成されたことから来ています。

© 2021 三重サッカーアカデミー