本文へスキップ

三重サッカーアカデミーは、三重県でサッカースクール、ジュニアユースの運営、サッカー大会などのイベントの開催など行っています。屋内フットサルコートも運営しています。

            

会社方針About MSA

三重サッカーアカデミーについて

一般社団法人 三重サッカーアカデミーは、三重から世界で活躍できる選手及び人材の育成を目的に、サッカースクールやチーム運営、サッカー大会、キャンプなどのイベントの開催、さらには屋内フットサルコート施設(フットサーカス鈴鹿)を保有し、天候不良時の子供たちの活動サポートや地域の皆様へのサッカー・フットサルの普及活動も実施しております。

団体名:三重サッカーアカデミー (略称MSA)
代表理事:杉野栄三
設立:2010年8月15日(2014年4月1日法人化)
所在地:三重県鈴鹿市
連絡先:059−392−7080


三重サッカーアカデミーの歩み

2010年8月
三重サッカーアカデミー設立
初のイベント「サマーキャンプ」を開催
2010年9月
サッカースクールを鈴鹿で開校
2010年11月
サッカースクール亀山校が鈴鹿に続いて開校
2010年12月
7人制サッカー大会「七人の侍CUP」を開催
2011年2月
スクール会員が100名突破
2011年12月
元FCバルセロナユース監督を招聘し、初の「サッカークリニック」を開催
2012年4月
ジュニアユース発足(日本サッカー協会へ登録)
「Bag 4 Goal」スタート
「ゴールキーパープログラム」スタート
2013年4月
ジュニアユースがクラブユース連盟に加盟
「インターナショナルプログラム」スタート
2014年4月
一般社団法人化
全会員数が200名を突破
「アスリートプログラム」スタート
2014年9月
ジュニアユースが鈴鹿・亀山リーグ全勝優勝
「インターナショナルプログラム」を廃止し、「センターオブエクセレンス」を設置
2015年5月
「MSAチャレンジ」スタート
2015年8月
設立5周年記念事業として、ディエゴ・加藤・マラドーナ氏招聘
2015年9月
ジュニアユースがmieU15県リーグ2部全勝優勝
2016年12月
屋内フットサルコート「フットサーカス鈴鹿」と提携
2017年7月
ジュニアユースがクラブユース選手権にて東海大会初出場
2017年12月
ジュニアユースが三重県中学生新人サッカー大会にて初優勝